人の支えがうつ病の治療と予防になります

現代人の心の病

現代人に多いストレス病

現代に生きる人々は日々のストレスなどから様々な病気にかかる人が多いですが、中でも鬱病は代表的なストレス病の一種になります。症状としては、物事に取り組む意欲や関心が失せてしまい、何事に対してもやる気が出ず1日中ずっとほぼ毎日、2週間以上にわたってこうした状態が継続します。こうして眠ることや食べることにすら意欲がわかず、日常生活に支障をきたすようになってきますが、こうした状態になって鬱病と判断されます。 以前は、こうした症状があっても病気として認識されていませんでしたが、時代の流れや生活スタイルの変化とともにストレス病という言葉が広がっていき、こうした症状を伴う病気を鬱病と呼ぶようになっていったのです。

今後も増えつつある鬱病

一昔前と違い様々なコミュニケーションツールが確立している現代では、様々なことが便利になった反面、人間関係の希薄さも問題視されていてそういったことからも対人関係の悩みから、思い悩む人 が増えてきています。 特にインターネットの普及によって、メールやライン等の便利なツールが発達すればするほど、かえって真の人間関係を構築できずにストレスを抱えて、前述したような鬱症状を発症する人が多いです。 今後もSNS等の普及によって、ますますこうしたコミュニケーション環境を取り巻く悩みは増えていく傾向にあるので、そうした点を考慮すると現代では誰しもが発症する確率が高いストレス病であると言えます。 最近では、こうした病気を専門とするクリニックもたくさん出来ているので、専門的な治療を受けることが可能です。

見落としがちな鬱の症状

鬱の症状と言うと一般的には暗く沈みがちになる、口数が減る、食欲の減退、睡眠障害などがあげられると思います。 鬱の患者さんと言えば、元気がなくつらそうにしていると言うイメージは社会的に認知されたものでしょう。 しかし、これらのイメージとは全く逆の鬱の症状があることは、あまり知られていません。 つらそうな雰囲気はあっても、イライラして妙に攻撃的であったり、批判的であったりして特別に口数が少ない印象もないし、あちこちウロウロと歩き回ったりするので、元気な人のように見えて一見して鬱の患者さんとは思えないのです。 これは「焦燥感」という感情を強く感じている状態で、鬱の症状の一種です。 患者さんは自分の不安を解消しようとこのような行動をしているのです。

周囲の人が気付くために

この「焦燥感」を感じている患者さんは、自分の症状を自覚していない場合もあります。 単に自分の不安な気持ちを表現しているだけであったり、いつもなら周囲に向けられている配慮ができなくなっている状態で、このような行動を取っていたりします。 イライラした態度や怒りっぽくなっている時、患者さんは自分がコントロールできなくなっているのです。 また自分の異変を感じている場合は、鬱の影響による些細な失敗などを隠すために、他人に対してキツイ対応をして誤魔化そうとしている可能性があります。 いずれの場合にしても、患者さんが不安を抱えていることに変わりはありません。 ただ感じが悪い態度だと決めつけずに、優しい言葉で患者さんの様子を観察することができれば、早期の治療が可能になることでしょう。

寝つけないという不安

鬱の症状で、患者さんが一番初めに自覚しやすい症状と言えば睡眠障害があげられます。 疲れているので早めに就寝しよう、少し多めに睡眠時間を取ろうなどと考えてベッドに入ったのに、目が冴えて眠れない事が続いて患者さん自身が異変を感じる場合です。 眠れない時の対処方法として、室温や明るさなどを工夫して寝室の環境を整えたり、ゆっくりお風呂で体を温める・ホットミルクを飲むなど様々な対策を実践しても、いざ眠ろうとベッドに入ると睡魔が消えてしまうのです。 これが鬱の症状でなければ「1日くらい眠れなくても大丈夫」と重く受け止める事はしませんが、鬱を患っている場合、眠れない事が大きな不安となって患者さんが苦しむことになってしまう事が多いのです。

うつの症状とは

うつ病は初期症状があります。ぼーっとしたり、急に元気なったりといった症状が現れます。周囲の人は、責めるような事は決してせず、頑張れといった言葉も極力控えましょう。見守って必要な時に手を差し伸べることが大切です。

» 詳しくはこちら

家族がうつになった

出産をした妹に電話を掛けると、元気がありませんでした。うつ病の症状について調べて見ましたが、精神症状と身体症状が現れるということで、電話では判断できませんでした。身近な人の異常を感じたら適切な接し方をすることが大事です。

» 詳しくはこちら

新型のうつ

うつ病の中でも近年増えているのが新型のうつ病です。好きなことには意欲があるが、嫌なことになるとうつ症状が出るというものです。甘えと見られがちですが、接し方を工夫して社会に復帰させるようにしましょう。

» 詳しくはこちら

オススメリンク

うつの症状とは

うつ病は様々な症状が現れます。心だけでなく体でもサインが出ます不眠や食欲不振、倦怠感といった症状が現れます。周囲にいる人がこのような症状を発症したら、接し方を考えて、病院を勧めましょう。

» 詳しくはこちら

うつの詳細

うつ病の症状や詳細についての理解を深めましょう。うつ病によって暴飲暴食、または食欲不振、睡眠障害などをひきおこします。この世から消えたいという思いで満たされることもありますので、接し方に注意が必要です。

» 詳しくはこちら

Page Top