うつの症状とは

鬱の時の主な症状はどんなもの

心の風邪と言わるようになって、多くの人に認知されるようになった鬱病ですが、実際になってしまった場合、鬱の症状とはどんなものがあらわれるのでしょうか。 典型的な初期症状としては、不眠や食欲不振などがあるかと思います。なんだか疲れやすく、体調不良でやる気がおきない。体がだるい。疲れがとれない。眠れない日々が続いたりして、体力が落ちてしまったりして、負のサイクルにおちいってしまいやすくなります。 こんな症状があらわれたら、まずは早めに専門医にみてもらうことが、病気を長引かせずに、早くなおすことへの近道となるのです。「こころの風邪」と言われていますが、鬱の症状が周りにわかるほどに出ている頃には、風邪より実はちょっと治りにくい状態なのです。

良くなるためにはどうしたらいいのか

鬱は脳内のバランスが崩れてしまった状態です。原因はいろいろあるでしょう。頑張りすぎてしまったのかもしれないし、ちょっと疲れているのかもしれません。不眠や、食欲不振、不安などの症状がでるということは、オーバーペースになっているということなのです。そういう時は、もとの自分のペースになるべく、ゆっくり休むのが一番です。休むのって意外と難しいのですが、可能ならば、仕事をいったん離れ、頭の中を日常の早いペースからのんびりゆっくりしたペースに落ち着かせて、専門医から処方された薬を飲んで、太陽の光を浴びて、ストレスから解放されるのが一番よい回復方法になるでしょう。長い人生ですから、時にはゆっくりしたペースで人生を歩んでみるのも、大事な事かもしれません。

目覚めに現れる睡眠障害

睡眠障害にはいくつかの症状があります。 まずは先ほど述べた眠れないと言う症状です。 他には眠りが浅いことによる、目覚めの異常です。 一旦眠りについたのに夜中に突然目が覚めてしまう、そして朝まで眠れないと言う状態と、起床の予定時間よりも何時間も早く目が覚めてしまう状態です。 どちらも睡眠時間が短縮されてしまい、疲れが取れなかったり、「今日も良く眠れなかった」とストレスが溜まってくるのです。 一般的に鬱の患者さんは真面目な人が多いとされています。 こう言った性格の人は、鬱の症状とは気付かずに翌日の仕事や学校の為に体調を整えられない事に不安を感じ、鬱を重くしてしまう事があるようです。 いずれにしろ、睡眠のリズムが乱れてしまい自力で修正ができなくなってしまうようなら、睡眠の相談ができるクリニックなどを早めに受診することが望ましいと言われています。

Page Top